読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペイン語勉強日記

まずは今年、DELE A2合格するんじゃ!

アルカサルは9時半までは無料で入れるんだぜ

コルドバの観光地といえば、前回紹介したメスキータが筆頭に上がってくるけど、ほかにも、ローマ橋、Alcázar de los Reyes Cristianos とあって、この3つが隣近所なのでとても観光がし易い。ほかにもユダヤ人街というのも隣にあるけど、写真で観るよりも5倍ほどショボい。え、さっきの?で終わってしまう。

他にもザフラー宮殿というのが、ここコルドバから北へ7キロほど行ったところにあるのだけど、今回は過密日程を避けてゆっくりしたかったので泣く泣く諦めた。

で、ぼくがコルドバに着いて、翌日、朝イチで訪れたのが、Alcázar de los Reyes Cristianos。

直訳で、キリスト教徒の王たちの城塞。

タイトルにある通り、このアルカサル(スペイン語で「城」という意味)、午前9時半まで*1は無料で入場できる。正規の入場料はたしか5ユーロくらいだったと思う。

だから、そんなに高くないんだけど、やっぱ安い方が良いじゃない?

だから、ぼくはきちんと朝早く起きて涼しい時間に見学した。早朝は人も少なく快適だった。お昼近くになると人が多くなってくる印象。

で、このアルカサル、なにが見どころかって、イザベラ女王の庭。

あと、なんでさっき、単に「城」としないでわざわざ「城塞」としたかって、ここがかつてイベリア半島に残る最後のイスラム王朝グラナダに首都を置くナスル朝を攻撃する拠点としてたから。それが功を奏したのが1492年。と同時に700年以上続いた、キリスト教国によるイベリア半島の再征服運動、いわゆるレコンキスタが終了。

それによって、財政に余裕のできたイザベラ女王は、すぐさまコロンブスにゴーサインを出して援助。コロンブスはアメリカ大陸を「発見」するという運びになるんですな。*2

 

f:id:chadyukio:20160415150304j:plain

f:id:chadyukio:20160415150628j:plain

f:id:chadyukio:20160415150702j:plain

f:id:chadyukio:20160415150731j:plain

f:id:chadyukio:20160415150808j:plain

f:id:chadyukio:20160415150838j:plain

f:id:chadyukio:20160415150913j:plain

 

*1:ひょっとした9時だったかも…曖昧…

*2:wikipwdiaによると、このアルカサルで1492年、イザベル女王、フェルナンド王とコロンブスが謁見した、とあるけど、どこにもそんなこと書いてないんだよな…だってちゃんと契約を交わしたのはグラナダ郊外のサンタ・フェ。これがいわゆるサンタ・フェ契約というやつなわけだから、もしアルカサルで謁見してたなら、グラナダは攻略済みだったわけで、すぐ契約を交わすことが出来たと思うんだよな。でも、この庭園の奥に3人の銅像がある。だけど、ぼくの記憶ではコロンともイザベラとも書いてなかった気がするんだよな…