読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スペイン語勉強日記

まずは今年、DELE A2合格するんじゃ!

第3回 自己紹介(1)

スペイン語

A: ¿Que estudiaste en la universidad?

B: Estudie Derecho y chino. Pero me olvide completamente del chino jajaja

続きを読む

「他者の権利の尊重こそが平和である」メキシコ建国の父ベニート・フアレスを知ろう!

中南米 歴史

久々の更新です。ご無沙汰してます、chadyです。

 

さて、第2回歴史の勉強です。

またメキシコです。今回は20ペソ紙幣の肖像画の人物ベニート・フアレス(Benito Pablo Juárez García)です。メキシコシティの空港の名前でもあります。

続きを読む

メキシコのセディージョ大統領の企みとプログレッサ計画

中南米 歴史

時間のかかることで完全に自分のことっていうのはついつい後回しになってモチベーションの維持が難しかったりする。はい、ぼくのスペイン語のことですね。

 

というわけで、中南米の歴史や重要なことをまとめてモチベーションをあげようという企画が始まりました。中南米は世界史でも勉強しないんでね、検索しても出てこないし。良い機会ではないかと。

それで、第1回はメキシコです。いきなり何百年も前のことをグリンゴがどうのとか言ってもしかたがないので、最近です。

1994年から2000年までメキシコの大統領だったエルネスト・セディージョと彼の行った条件付き現金給付政策(プログレッサ Progresa 計画)について語ってみようと思います。

続きを読む

とびだせ、ラテンフェス!

文化

今年もゴールデンウィークの期間中、シンコ・デ・マヨがある。

Cinco de Mayo 、つまり5月5日という意味で、この日にかつてメキシコ軍がフランス軍を撃退した、という歴史に起因する祝日で、お祭りなのだ。

で、日本でもラテン人口が増えてるっていうんで2013年から東京と大阪で、ラテン文化のフェスティバルとして開催されている。*1

*1:アメリカ人の友人によると、アメリカでもこのシンコ・デ・マヨっていうお祭りをやってるんだけど、それはメキシコのお祭りという意味合いが強いようだ。

続きを読む

アルカサルは9時半までは無料で入れるんだぜ

旅行 歴史

コルドバの観光地といえば、前回紹介したメスキータが筆頭に上がってくるけど、ほかにも、ローマ橋、Alcázar de los Reyes Cristianos とあって、この3つが隣近所なのでとても観光がし易い。ほかにもユダヤ人街というのも隣にあるけど、写真で観るよりも5倍ほどショボい。え、さっきの?で終わってしまう。

他にもザフラー宮殿というのが、ここコルドバから北へ7キロほど行ったところにあるのだけど、今回は過密日程を避けてゆっくりしたかったので泣く泣く諦めた。

で、ぼくがコルドバに着いて、翌日、朝イチで訪れたのが、Alcázar de los Reyes Cristianos。

直訳で、キリスト教徒の王たちの城塞。

続きを読む

コルドバはいいぞ。メスキータがいいぞ

旅行 文化

グラナダからバスに乗ってオリーブ畑の中をひたすら走ること、およそ2時間。コルドバに到着。

コルドバといえば、世界遺産メスキータ。Googleで検索すると、

f:id:chadyukio:20160414172250j:plain

↑こういうのばかり延々とでてくる。

続きを読む

グラナダなんか2度と行くかボケ!!

旅行

バレンシアから夜行バス (Alsa) に揺られることおよそ8時間。アルハンブラ宮殿で有名なグラナダに到着。

少し休憩してから駅に荷物を預け、さっそくアルハンブラ宮殿を目指した。なぜなら、この日の16:30コルドバ行きのバスを予約しているからだ。滞在時間が短いように思うかもしれないが、アルハンブラ宮殿しか観光しないんだから、これで十分なのだ。

続きを読む